国際貨物輸送

コンテンツ

国際貨物輸送

国境が希薄となった現在、日本で流通される商材もボーダレスになっています。
国内・国際拠点の一元化を交差することにより、物流の利便性が向上され、情報管理・コストともに有効性が発生します。「ユニオス」は国内のみならず国際物流のノウハウをもとに、世界の海外ネットワークを活用、あらゆる側面から物流支援をいたします。


国際貨物サービス

日本から世界各国へコンテナ輸送の手配を提供しております。
精密機器、工作機器、電子部品、原料など取扱品種は様々にわたります。
近年は世界の工場である中国への輸送を頻繁に取り扱っており、リードタイム、コスト、品質管理などお客様のニーズにお応えした最適輸送モードの提案を行い、お客様のグローバルソリューションに貢献いたします。

通常のドライコンテナサイズに限らず、定型外貨物に対応するフラットラック/オープントップコンテナの手配から、RORO船・バルク船による重量機材の輸送も可能です。


国際物流には船舶・航空機のスペース確保だけでは、実務が成し遂げたとはいえません。
「ユニオス」は輸出入に付随するあらゆる業務をサポートいたします。

国内輸送 損害貨物保険
重量物輸送 特殊車両手配
輸出入通関代行 貿易書類作成
VANNING 段ボール梱包・木材梱包
DE-VANNING 燻蒸梱包・スチール梱包

提携グローバルフォワーダー/インテグレーターを利用し、緊急品の航空貨物手配も可能です。
必要に応じて海外とのコミュニケーションにも柔軟に対応し、質の高いトータル物流サービスにより、顧客満足度を追求いたします。


国際航空貨物サービス

国際航空貨物については、空港での通関業務サービスを含め、有力フォワーダーとの提携により 輸出・輸入問わず最適な輸送サービスをご提供しております。お客様の物流拠点~空港間の集荷業務、輸出入通関などの手続き代行業務、空港~目的地への配達業務に至るまでの一貫輸送サービスをご提供いたしております。


将来の高い経済成長を見込んで、アジア各国における国際航空貨物輸送のネットワーク整備を進めている日系物流会社は少なくありません。しかしながら、その進展度合いは、カバーしきれない都市が点在するなど、お客様各社のニーズを十分に満たすまでには至っていないというのが実情です。

これに対して、当社は、とりわけアジア地域においては国際インテグレーターに遜色のない拠点網を有しております。そのため、お客様は、エリアによって物流会社を使い分けることなく、ワンストップで当社に国際航空貨物輸送業務を委託することが可能になります。

弊社ネットワークについてはこちら

輸入サービス

輸入手続きの流れ

通関書類受領

輸入通関に必要な書類を輸入者から入手します。(Commercial Invoice、Packing List、 Original B/L, 原産地証明書(Form A)、 Health Certificate、Phytosanitary Certificate など) また、船会社から輸入者あてに発行されたArrival Notice(A/N= 到 着案内) も入手します。A/N には、到着予定日、貨物の搬入先、 貨物の明細等が記載されているほか、海上運賃や諸チャージ の請求書も兼ねており、輸入申告に必要な書類の一つです。

書類の内容確認

【受注関係書類の受取り】

通関担当者は、営業担当者・顧客及び貨物担当者より、受注関係書類及び テーターを受け取り、内容を確認する。 書類に不備がある場合には、速やかに 営業担当者・顧客及び担当者と連絡をとり、不足書類の追加送付又は正確 な書類の再送付を指示・依頼する。

【他法令の申請】

通関担当者は、他法令該当貨物の場合には、受注関係書類に基づき関係各省庁に申請を行う。
申請に際しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。通関担当者は、NACCSにて貨物情報照会を行い、他法令手続のための貨物の搬入確認をする。他法令の申請をした場合は、合格書を取得する。

【外部保税蔵置場から自社保税蔵置場に保税運送する場合】

当該業務担当者を選任して、各通関担当者からの依頼の一括処理を行う。
当該業務担当者は、営業担当者、顧客、貨物担当者と連絡を取り予定オーダー表を作成し、運送業者に指示し配送の手配を依頼する。 また、必要があれば、外部保税蔵置場に対して搬出の予約をする。
保税運送承認手続ー通関担当者は、NACCSにて搬出に必要な手続を行い、保税運送承認通知書(OLT)を受け取る。 搬出手続ー搬出手続担当者は、DOチームよりDOを受け取り、OLTとDO)を外部保税蔵置場に提出し、貨物引き取り書を受領する。

輸入申告

【輸入申告事項登録】

通関担当者は、受注関係書類に基づきNACCSに輸入申告事項を登録し、輸入申告控を作成する。作成に関しては関税関係法令集等の法規・手順を遵守する。

【搬入確認】

通関担当は、NACCSにて貨物情報照会を行い貨物の搬入を確認し、輸入申告控を確定する。

【通関士による書類審査】

通関担当者は、確定した輸入申告入力控の審査を通関士より受ける。
通関士は、当該申告に問題がある場合には、直ちに輸入申告入力控の再作成を通関担当者に指示し再審査する。

【輸入申告】

通関士は、審査が終了した後管轄税関に輸入申告する。

【税関による書類審査等】

通関担当者は輸入申告の結果、簡易審査以外となった場合、管轄税関の指示に従い下記のいずれかの審査を受ける。

書類審査
検査(検査場、現場又は見本)

【関税納付】

通関担当者は税関の審査終了後、営業担当者が作成するテーターに記載、指示した又は顧客より直接指示された 下記のいずれかの方法で関税を納付する。

D/O交換

貨物を引き取るためには、船社が発行するD/O(Delivery Order) が必要になります。
Original B/L と海上運賃、諸チャージを船会社へ差し入れ(B/L の提出と費用の支払い) の上、D/O と交換します。

配送手配

輸入者の指定場所へ貨物を納入するため、コンテナドレージ、トラックなどの配送手配をします。
貨物引き取りに際しては、D/O と輸入許可通知書をCY/CFS に差し入れる必要が有ります。
CY/CFS では、D/O と許可書の明細を 確認(対査と言います)した後、該当貨物を搬出します。


Copyright(c) 2014 UNIOUS LOGICREW Co., Ltd. All Rights Reserved.